軽井沢の別荘


>>軽井沢の別荘地     

軽井沢の別荘に住むなら
湿気を避けて永住を目指したいですね!

  

軽井沢の別荘: MENU >>

   軽井沢の別荘地    軽井沢の歴史    別荘選びのポイント


軽井沢の別荘地は、大きくわけると、旧軽井沢中軽井沢北軽井沢、その他(信濃追分やレマン湖周辺など)に大別されます。

その中でも、北軽井沢は群馬県になります。それ以外は長野県です。群馬県といっても、長野県との県境なので気候などはほぼ同じす。

軽井沢と一口に言っても、狭義には、長野県軽井沢町の旧軽井沢地区のみを指すことがあり、広義には軽井沢町全体(中軽井沢やその他を含む)を指す場合や、群馬県の北軽井沢地区を含む場合がありますので、ニュアンスには注意が必要です。


軽井沢の別荘地−旧軽井沢−

軽井沢の別荘地でも、旧軽井沢は長野新幹線の軽井沢駅の北方にあたり、 東京からのアクセスも抜群です。

軽井沢の中でも、一番古くから栄えていた、いわゆる軽井沢にあたり、別荘のお値段も 平均的には最も高い地域であるといえます。

その変わり軽井沢の別荘地の中でも、最も買い物等に困らない地域で、 東京へとんぼ帰りしなければならない事態にも対応可能です。 多少湿気のある地域なのですが、そいうった事情から、 軽井沢では一番人気の地域といえるでしょう。


軽井沢の別荘地−中軽井沢−

軽井沢の別荘地でも、中軽井沢は、長野新幹線では軽井沢駅で下車し 西側に向かって、一駅乗り継いだ中軽井沢駅の北方に位置します。

中軽井沢の別荘地は、旧軽井沢に比べて湿気もなく住みやすさは抜群でしょう。 ただ、東京からの電車によるアクセスを考えると、若干、旧軽井沢よりは不便を 感じます。

しかし、車でのアクセスであれば旧軽井沢とほとんど変わりないと言えるでしょう。 ですので、 定住ではなく、長期休暇等の別荘であれば、そのようなアクセスが可能で値段的にも 旧軽井沢ほど高くはないので、比較的、手を出しやすいかもしれません。


軽井沢の別荘地−北軽井沢とその他−

スポンサードリンク

軽井沢の別荘地でも、北軽井沢は、群馬県になります。 位置としては、中軽井沢から、北へのぼっていき、県境を超えたところに なります。

気候的には、中軽井沢とほぼ同じですが、やはりアクセスの便が多少落ちるためか 値段的には、軽井沢の中でも最も手が届きやすい所と言えるでしょう。

また、その他では軽井沢駅よりさらに西に1駅乗った、信濃追分駅周辺にも 別荘地が広がっています。

さらに、軽井沢駅の北方が旧軽井沢でしたが、南方のレマン湖付近にも レイクニュータウンなどの別荘地が広がっており、この地域には、会社の 保養施設なども点在し、夏にはレマン湖の花火大会などが行われています。